逆浸透膜浄水器と放射能

Fuji Water
| HOME | ニュース日本の事業者の方はこちら会社概要お問い合わせJapanese |
 
WaterLogo

逆浸透膜浄水器は、ヨウ素131とセシウム137を除去できるのでしょうか。

放射性核種(放射性がある分子の種類:ヨウ素131、セシウム137など)の除去には、逆浸透膜(Reverse Osmosis)とイオン交換(Ion Exchange)が有効と、EPA(米国環境保護庁)が、下記のようなコメントを出しています。WQA(水質協会)もからもEPAのデータを元に逆浸透膜を推奨しています。また、日本の独立行政法人放射線医学総合研究所も、水道水中のヨウ素131の除去は、逆浸透膜以外では効果が期待できないと発表しております。

放射線医学総合研究所 水道水中のヨウ素-131の除去について

TABLE I–5.—BEST AVAILABLE TECHNOLOGIES (BATS) FOR RADIONUCLIDES IN DRINKING WATER

Contaminant BAT(Best Available Technologies)
Combined radium-226 and radium-228 Ion Exchange, Lime Softening, Reverse Osmosis.
Gross alpha (excluding radon and uranium) Reverse Osmosis.
Beta particle and photon radioactivity Ion Exchange and Reverse Osmosis.
Uranium Ion Exchange, Lime Softening; Reverse Osmosis, Enhanced Coagulation/Filtration.

>>EPA radionuclide Rule (PDF 459K)
>>Iodine Radiation Protection (PDE 173K)
>>Cesium Radiation Protection (PDF 168K)

飲料水における放射性核種についての基本的な情報(Basic Information about Radionuclides in Drinking Water)

この中の「どのようにしたら飲料水から取り除くことができますか?(How will radionuclides be removed from my drinking water?)」という質問の中で、逆浸透膜(reverse osmosis)が有効であると証明されていると述べられています。
原文はこちらから↓
http://water.epa.gov/drink/contaminants/basicinformation/radionuclides.cfm

How will radionuclides be removed from my drinking water?
The following treatment method(s) have proven to be effective in removing radionuclides at levels below their MCLs:

  • Beta particle and Photon Radiation: ion exchange and reverse osmosis;
  • (Gross) Alpha Emitters: reverse osmosis;
  • Radium 226 and Radium 228 (Combined): ion exchange, reverse osmosis, lime softening;
  • Uranium: Ion exchange, reverse osmosis, lime softening, coagulation/filtration.


前のページへ戻る